両面バリ取り機LISSMAC 株式会社ユーロテック ホーム NEWS 会社情報 リクルート コンタクト





















 両面バリ取り機 LISSMAC [ INTRODUCE ]

独国、LISSMAC(リスマック)社は1979年石切り機械の開発から建設テクノロジー・プラントエンジニアリング・MTハンドリングシステムのプロダクツを経て、自社マニュファクテュアの生産性と品質向上を目的に金属処理システムのマシンを自社開発しました。  この機械が社内の生産性に大きく貢献した事から2003年より新たな金属処理事業として SBMシリーズの外販を開始する事になりました。  出荷台数は2015年10月までで累計1,000台を突破!

 CONCEPT=両面加工

*金属板の切断面の両面エッジラウンド処理をワンパスで加工出来ます。
*レーザーカット加工後の酸化被膜をワンパスで除去できます。

 ワンパスの利点=省力化・高生産性

長尺板、厚板をトンボしてマシンに搬入搬出を繰り返す労力の半減 ワンパスにより生産性が2倍になり、製品の同線も単一化されます。

 機種選定表



 両面バリ取り機シリーズ

LISSMAC SBM−M S2モデル
■大物用両面エッジラウンディングマシン
 * 一度に両面を同時に加工するので生産性は倍増
 * 大きなワークを反転する作業が必要ないので労力は半減
 * 最大板幅=1000mm   1500mm
 * 最大板厚=1〜50mm

LISSMAC SBM−M XS300G1E1
■小物用両面/片面併用エッジラウンディングマシン
 * 省スペース・省労力モデル
 * ワークは両面加工後、正面にリターンします。
 * 板厚1〜15mmm、最小ワーク寸法25x25mm(マグネット式)
 * 最大ワーク = 1)両面加工:200x200mm
             2)片面加工:W=300mm

スペック表示 動画再生 スペック表示 動画再生

LISSMAC SBM−M B2モデル
■酸化被膜除去ブラッシングマシン
 * 上下のブラシは、それぞれ板厚の中心で駆動しているので
   厚板でもブラシの消耗は半減
 * ブラシはベルトコンベアーに接触しない構造になっているので
   ベルトの消耗は激減
 * 最大板幅=1000mm   1500mm
 * 最大板厚=1〜20mm

LISSMAC SBM−M D2モデル
■ノロ除去ハンマリングマシン
 * 最大板幅=1000mm   1500mm
 * 最大板厚=5〜120mm

両面バリ取り機LISSMAC スペック表示 両面バリ取り機LISSMAC 動画再生 両面バリ取り機LISSMAC スペック表示 両面バリ取り機LISSMAC 動画再生



LISSMAC(リスマック)バリ取り機カタログのダウンロード




両面バリ取り機LISSMAC 株式会社ユーロテック 〒194-0215 東京都町田市小山ヶ丘3-7-11
TEL 042-798-7177 FAX 042-798-7188

ホーム お知らせ 会社情報 採用情報 お問い合わせ 個人情報保護方針 サイトマップ

(C) EuroTec,All Rights Reserved